Librement Cantabile

いまさら「のだめカンタービレ」の2次小説。 気まぐれに執筆中♪

のだめ2次小説

135.同級生


ちょっと時期を戻して、のだめが50周年公演で引退を決めたと
峰に報告した真一。
その時に、衝撃の話が・・・・・。

続きを読む

134.二人のラストコンサート


もうそろそろいいかな・・・・と。
続きを読む

133.家族としての幸せ




楓が、ツインズを出産して、数週間後のお話。


あっツインズのお名前ですが・・・・


目元にほくろのあるお兄ちゃんの方が

千秋 和音(かずと)

弟君が

千秋 拓音(たくと)


音の漢字で統一。


続きを読む

132.ヒカルと楓の愛のカタチ


いきなりですが、二人の間に子供が産まれました。

千秋 琴音(ことね)

ヴァイオリンを始めて1年・・・のおしゃまな4歳の女の子。

そして、楓のお腹の中には、もうすぐ産まれてくる命が宿っています。



続きを読む

131.ヒカリ輝く美しい音



さぁいよいよ、真打登場です。



続きを読む