Librement Cantabile

いまさら「のだめカンタービレ」の2次小説。 第4章に突入♪

巴里編

66.風雅初陣2

すいません、間が空いてしまって

もったいぶるわけじゃないのですが

思いのほか、長くなってしまったので

2回に分けました。

続きを読む

64.風雅初陣!!

いよいよ、風雅の初の指揮者コンクール


しかも、あのプラティニ国際コンクール
(内容は、原作当時のままで行きました)

そして、父であるジャンの弟子
(アラン・シャントゥール)も出場。

なんですが・・・・。


続きを読む

52.~巴里編~ ある日の千秋家

ここらで、一旦、舞台をパリに移しましょう・・・。

※時期は、黒木家の双子ちゃんがパリに来る、ちょっと前。




いよいよ、ヒカル君の妹の登場です。

名前は、千秋 美音(MIO)ヒカル君の5歳下。


まぁ彼女は、小さい頃から(お腹にいる頃から?)
のだめのピアノを聴いて育ち
自らも、物心ついたときには、ピアノを弾きこなしており
ヒカルや、その友人たちがくると、初見で伴奏し
皆を驚かせていた。

そんな美音ちゃんも、3月で15歳になりました。


久し振りに、YouTube仕込んであります。
(音量に注意してください)



続きを読む

48.第3章 プロローグ~巴里編~

いよいよ、黒木さんちの双子ちゃん、
パリにやってきました。

ヒカルが、日本に行った翌年の春頃かな・・・。





続きを読む