Librement Cantabile

いまさらですが「のだめカンタービレ」の2次小説始めて、 第3章に突入♪

のだめと真一

3.2台ピアノのソナタ・・・その後

今回は、原作にリンクしておりますっていうか、
原作に書かれているお話のその後ですね。

本編の最終巻23巻の
Lesson135の
続きを
勝手に妄想してみました。

実写版では、
「ルーマルレ・オケ」の
事務所で演奏してますが、
原作とアニメでは、ニナの家の
2台ピアノで演奏してます。


なので、千秋のイメージは
「関 千秋」で、お送りします。





続きを読む

2.誕生日


今更ですが、管理人は、
まったくもって楽器も弾けなきゃ、
音楽の知識も皆無です

コンプリートベストを買って、
原作やアニメ、
ドラマに出てくる曲などは
聞いておりますが、それ以外は

なので、その辺は、
考慮してお読みください。



今度は、オクレール夫妻が登場です。
オクレール先生の奥様は、
原作では登場しませんが、
お料理が上手な奥さんのようです。
(コミック18巻P66~70参照)
なので、今回、勝手に名前をつけて、
登場していただきました。

あと、ちょっとわかる範囲で、
フランス語入れてみました。
(まぁ一応、フランス語で
話している設定なんですがね)


のだめは、コンヴァト卒業後も、
オクレール先生に師事していて
たびたびレッスンを受けています。
ちょっと長いかも。

続きを読む

1.第1章 プロローグ

ぐうたら子の初めての2次小説。

「のだめカンタービレ」の2次小説。

基本、原作を参考に、考えました。
(なので、実写版やアニメでは
描かれていない部分も、出てきます)

イメージは、

千秋に関しては、
お話によって、自分の中で、
実写版の「玉木 千秋」か、
アニメの「関 千秋」で、
別れるのですが
まず1発目のお話は、
「玉木 千秋」かな・・・・

ちがいは、
ソフト千秋は、
「玉木 千秋」
ハード千秋は、
「関 千秋」って、感じです。

のだめちゃんは、
「上野のだめ」でも
「川澄のだめ」でも
どちらでも、
皆さんのイメージで、
お読みください。


※「玉木 千秋」=俳優の玉木 宏さん
    「関  千秋」=声優の関 智一さん
    「上野のだめ」=女優の上野樹里さん
    「川澄のだめ」=声優の川澄綾子さん


まずは、完全に妄想未来のお話です。

あっ場所は、パリの劇場です。


続きを読む