ひとまずの最終回です。

※音量に気を付けてください。


         


☆☆☆





~8月11日~


「NODAME」 ピアノリサイタル

場所:東京サントリーホール



プログラム


ベートーベン「悲愴」 第2楽章








シューベルト
「ピアノソナタ16番」 第1楽章











エドワード・エルガー
「ヴァイオリン(とピアノ)のソナタ」 ホ長調

ゲスト:KIYORA















最後は、ウエディングドレス風
シースルーの白のドレスに身を包み
頭には白のバラ。
燕尾の真一に、エスコートされて登場。





そして、二人の思い出の曲・・・・。





モーツァルト
「2台のピアノのためのソナタ」

















そして、無事にリサイタルは
幕を閉じた・・・・。




☆☆☆




 





・・・・・・・・・



チアキ、いい指揮者にナリマシタね



ノダメちゃんも
正面から音楽と向き合い
今じゃとても
いいピアニストにナリマシタ。



チア~キ、のだめちゃん
いつまでも
仲良く音楽を楽しんでクダサ~イ



いつか、二人のコンチェルト
見るの楽しみにシテマ~ス







バイバ~イ


 








Fin

















☆☆☆


間に、入れようかどうしようか
散々迷いましたが
結局、誘惑に負けて入れてしまいした。

最後まで
反則技使ってスイマセン。

一応、説明をここで。

1曲目は
すべてがこの曲から
始まった。

2曲目は
のだめが世界に
羽ばたくキッカケになった。

3曲目は
真一(ヴァイオリン)と
三善の家で演奏した。
(原作とアニメのみ)

4曲目は
真一とのだめが
初めて連弾した曲で
本編の最後にも演奏され
のだめが真一の元に戻ってきた。


そして
なぜ?最後に「ジュピター」?
まぁ原作では
使われていないんですが(多分)
ドラマの最終回で
最後のベト7を演奏する前に
ライジングスターの面々が
入場する際に
バックで流れていました。

で、なんとなく
最後感を出したくて
でもオケの演奏だと
迫力ありすぎて(長いし)
途中の、歌詞で言う所の
「Everyday~」の部分が
欲しかったので
オルゴールバージョンに
してみました。

17年9月修正



それでは、これまで温かく見守っていただき
ありがとうございました。

原作者の二ノ宮知子先生並びに、講談社様
勝手に、いろいろいじってしまい
すいませんでした。

あと、Youtubeも勝手に
張り付けてごめんなさい。


第2楽章は、また改めて
お届けしたいと思います。
それまで、さようなら~(@^^)/~~~