そろそろ、他のキャラも
出ていただこうかと・・・・。

近い妄想未来から
ちょっと先の妄想未来まで・・・。

とはいえ、電話だったり
回想だったりですが・・・・。

時期的には、バラバラですが
まとめてみました。





☆☆☆





~ある日の真一の部屋~



真一は、翌日のリハでやる曲の
総譜(スコア)を
チェックしている。



「センパイ、見てください。」


携帯を差し出すのだめ
画面には
金髪のかわいい赤ちゃんが
写っている。


「へぇ~かわいいな。
ジャンに似てるのかな・・・」


「そうなんです、ゆう子さんが・・・・・・

(おっほっほっほ!見てごらんなさい
このかわいらしいBabyを!!
 ジャンに似て、とても美しいでしょ!!!
さすが、ワタシ!!!)


、言ってました。」



「相変わらずだな、あの人も(笑)」



「いえ、ゆう子さんは、母になって
さらにパワーアップしてます!!!」



「・・・・・・。」













~3年後の12月のある日~



Trurururururur



「アロ~」


「よっのだめ、元気か?」


「あっ峰君!!
すごい久しぶりですね~」


「悪ぃ悪ぃちょっと
仕事忙しくってさぁ」


「フフフ・・・どうですか?
演出家の仕事は?」


「いや~大変だけどさぁ
すげぇ楽しいよ!!」


「フフフ、やっぱ峰君に
合ってるんですね・・・
で、今日はどうしたんですか??」


「えへへ~~
いや~~実はさぁ~~~~
このたび、この峰龍太郎!
父になりました!!!」



「えっ~~~~本当ですか???
おめでとうございます!!
女の子ですか?男の子?」


「超ヤベェ位に
かわいい女の子!!!」



「え?名前は?名前??」


「セーラ」


「へっ?セーラ?
セーラー服の???」


「ちげぇよ、聖なる夜の聖に
清良の良で
聖良(セイラ)!!いい名前だろ?」


「ほぉ~~シュテキな
名前ですね~~~」



「だろ?清良に似て
超美人なんだぜ~~」


「わぁ後で
写真送ってください!!」


「OK~OK~」


「ところで、
いつ産まれたんですか?」



「先月」


「あ~じゃぁ、うちと
学年一緒になりますね~」


「はっ?うち?え?
まさか、お前のトコも??」



「フフフ・・・まだ産まれてませんけど
のだめ、今ハラボテです、きゃは」


「えっ~~?
マジか!!!予定日いつだよ?」


「2月です。」


「2月っていったらよ~
千秋もそうじゃなかったっけ?」



「峰君、よく知ってますね~
密かに狙ってるんです・・・むきゃ


「へぇ~のだめが、ママにね~」


「峰君だって、もうパパでしょ!
あっ清良さんも、お元気ですか?」


「お~元気、元気!!
もうヴァイオリンで
子守歌聴かせてるぜ」


「じゃぁ、末は
天才ヴァイオリニストですね」


「まぁ何でもいいけど
元気に育ってくれりゃよ~」


「そうですね」


「じゃぁのだめ
子供産んだら
必ず連絡しろよ!!」


「はい!わかりました!」


電話を切ったのだめは、
すごく幸せな気分になり
ピアノに向かった・・・。





♪~♬~♬










~さらに、その3年後のある日~



Trurururururur


「アロ~」


「あっのだめ?アタシ~」


「あっターニャ!久しぶり!
どうですか?ドイツの方は・・・」


「う~ん、まぁまぁかしら
だいぶ慣れて来た所って感じ?」


「黒木君も、ドイツのオケで
頑張ってるみたいですね
先月、シンイチ君が客演で
振ったんですよ、黒木君のオケで」


「聞いた~ヤスも
久し振りにチアキの指揮で
キンチョーしたって言ってたけど
さすがだったって
感心してたわよ~
それに、ヤスね、あれから頑張って
今月から、首席奏者になったのよ。」


「へぇ~それは、すごいですね~
シンイチ君にも報告しなきゃです。」


「あと・・・・
もう一つ、報告があるの・・・・」


「なんですか?」


「フフフ・・・子供出来た


「わ~おめでとうございます!!
予定日は?」


「夏頃って
話しだけど・・・・それにね~」


「え?何ですか?」


「どうやら、双子みたい!!!」


「えっ?双子???
すご~い、楽しみが2倍ですね~~~


「うん、ヤスとの赤ちゃん・・・・


「そっか~ターニャも
お母さんになるんですね~」


「のだめ姉さん
いろいろ相談に乗ってね!」


「のだめに、わかることなら(笑)
喜んで


「あっそう、ヒカル君は元気?
もう3歳くらいだっけ?」


「そうです、先月3歳になりました。
もうりっぱに
ヴァイオリン弾いてますよ」


「え~もう?あっでも
チアキも、そのくらいから
やってたって言ってたもんね
ピアノは?」


「ピアノも
遊び半分に弾いてますけど
本人的にはヴァイオリンの方が
楽しいみたいですよ」


「へ~うちの子たちは
どうなるかな~?」


「ターニャ、気が早いですね~
今は
まず無事に赤ちゃん産む事
考えなきゃ」


「そうよね~がんばるわ!!」


「そうです!
頑張ってください!!」







のだめは、電話を切った後
すぐに真一に電話を
かけたのである・・・。











☆☆☆




と、まぁ、3組まとめて
子供出来た報告でした。

ジャンとゆう子の娘
(雅~MIYABI~)は
ヒカル君の3歳上。
(3年後、
弟の風雅が生まれます)

峰君の所は、ヒカル君と同級生。
黒木家は、ヒカル君の3歳下。

ということになりますね。

まだ、今後それぞれに
兄弟が増えるかもしれないし
どうなるかわかりませんが
まずは、この子たちをどう育てるか
考えなきゃ・・・・・



17年9月修正