Librement Cantabile

いまさら「のだめカンタービレ」の2次小説。 第4章に突入♪

<更新情報>

2月10日
まだ休業中ですが・・・。
主人公たちの気持ちを思い出すため
リハビリ始めました(笑)

記事すべてに、あとがき的な物が付いてますが
長すぎるので(笑)
今、プライベートエリアに移してます。
パスワードを入れれば、誰でも見れるようになってます。

「0000」
あとがきを、読みたい方は
上記のパスワードを入力してください。

10月24日 改めて第4章始めました。


以下の作品は、原作者様ならびに出版社様とは一切関係ありません。
著作権は、当サイト管理人にあり、原作にリンクしている部分も
ありますので、同等の権利を原作者様のみ有しております。
無断での転載・改修はご遠慮ください。

タイトル「Librement Cantabile」は、勝手に作った言葉です(笑)
しかも、前半部分は、何て読むかもわかりません。


完全に管理人の自己満足の妄想小説で、
文章力も、乏しいものになります。
なので、温かい目で見守ってください。

誹謗中傷などは、お控えください。


最後に個人の責任に於いて閲覧して下さい。

※スマホで、読みやすいように
改行増やしました。
PCで閲覧の方、
読みにくくてごめんなさい。

15.さらば、ルー・マルレ・オケ



このまま、最後の話?と思ったけど


もう1~2話入れることにしました。

まずは、30歳で
やめさせる予定だった
真一のマルレの常任。


気づけば
のだめが32歳っていうことは
真一は、もうすぐ33歳・・・。


ということで
のだめの復活コンサートの
翌年(6月)をもって
マレル・オケの常任を
退任させることにしました。
(勝手にすいません(笑))


そして、原作でも登場する
唯一の実在の音楽家
マルレの音楽監督として
真一をマルレの常任に指名した
ジェームズ・デプリースト氏
残念ながら2013年に
お亡くなりになっておられました。

で、この妄想小説の中でも
いまさらですが
追悼の意味を込めまして
真一の指揮で
追悼公演を
開かせていただきました。

また反則技の
Youtube差し込んであります。


まっ所詮は、妄想小説なので
無理やり感や矛盾などは
あんまり気にしないでください。


※音量に注意してください。

続きを読む

14.ミルヒ~のために・・・?


いよいよ

1.「第1楽章 プロローグ」
直接繋がるお話です。


左の聴力の衰えが著しい
シュトレーゼマン。


どうなる?のだめの復活公演。



あっ、今回は
雰囲気を出すために(反則技です)
曲のYouTube張り付けてあります。

気が向いたら、聴いてみてください。



※音量に注意してください。





続きを読む

13.エリーゼのために・・・?


「1.第1楽章 プロローグ」
間接的に繋がっていく話です。


一応、矛盾がないように
ちょっとプロローグも
加筆修正しました。
(変な所があったら
スイマセン
気にしないでください)

でも、シリアスになりそうで
ならない・・・。

さぁどうなりますかな・・・・。


続きを読む

12.二人だけの時間

今回は、ヒカル君が
産まれる直前のお話。


予定日が
近づいたのだめを、心配し

征子ママが、訪ねてきたお話。


もうすぐ2人きりの
時間が終わる・・・・・。

そんな残り少ないひと時・・・・。




続きを読む

11.好きと言ってくれ?


たまには
あま~~~いエピソードなんか
あってもいいのかな~なんて。

でも結局
のだめと千秋先輩なんです(笑)






続きを読む